mamakao!(ママカオ!)

【セイバン天使のはねクラシック】レビュー!2020クラシックとクラシックネオの違いは?

calendar

最近のランドセルは華やかな刺繍が施されたものが多く、子供から人気を集めています。
でもその一方で、親御さんは「高学年になったら似合わなくなりそう」「すぐ飽きそう」と思うことも多く、結局はシンプルなランドセルを買ったという話しも良く耳にします。

そんなランドセルはシンプル派という方に、私がおすすめしたいのがセイバンの「天使のはねクラシック」です。
私の息子は、今年の春から天使のはねクラシックを背負って小学校に通っていますが、シンプルなデザインと大手ランドセルメーカーらしい機能性の高さから、買ってよかったと大満足しています。

そこで今回は「セイバン 天使のはねクラシック」について、筆者のレビューと、2020年モデル2種の違いについて紹介します。

天使のはねクラシックは高機能でシンプルデザインのランドセル

出典:楽天

天使のはねクラシックは、「セイバン」という大手ランドセルメーカーが販売しているランドセルの一つです。
天使のはねというと、商品名にもなっているベルトの構造「天使のはね」や、背中クッションの「せみね」など機能面が充実していて背負いやすいというイメージがあります。
しかしその一方で、デザイン面については「派手で安っぽい」と悪い印象を持つ方が少なくない商品でもあります。

天使のはねクラシックは、天使のはねシリーズの機能がほぼ全て搭載されているうえ、デザインも親世代が思い描く「ザ・ランドセル」といったシンプルなもの。
大手メーカー系ランドセルの高い機能性と、工房系ランドセルのシンプルなデザインのいいとこ取りができるモデルなんです。

→→→楽天で 天使のはねクラシック・クラシックネオを見る←←←

→→→Amazonで 天使のはねクラシック・クラシックネオを見る←←←

 

天使のはねクラシックをレビュー

現在小学1年生の息子が使っている、「天使のはねクラシック2019年モデル(セミオーダーなし)」について、良いと思う点とイマイチと思う点をまとめてみました。
「2020年天使のはねクラシック」モデルと、サイズや機能面での違いはないので、これからランドセルを選ぶという方も参考にして下さいね。

ここが良い!

A4フラットファイルに対応

私はランドセル購入時には、「A4フラットファイルサイズのものなんてランドセルに入れることあるの?」と思っていたんですが、これが普通にあるんです。
息子が通う小学校の連絡袋は思いっきりA4フラットファイルサイズ。
毎日持ち運びするうえ、チャックの持ち手が出っ張っている分、A4フラットファイルより大きなサイズです。
A4フラットファイル対応のものを選んでおいて本当に良かったと思いました。

体にフィットする肩ベルト

天使のはねといえば商品名にもなっている、羽のように持ち上がった肩ベルトが有名ですよね。
このベルトのおかげでランドセル全体が上に持ち上がって背中にフィットすることで、重さを軽減してくれるんです。
また、肩ベルトの形自体も内径が長く外径が短いわん曲状で、体にフィットしやすくなっています。
クラスメイトがランドセルを背負っている姿と見比べると、息子は明らかにランドセルが上の方にきていて、ベルトもわき腹にぴったりとくっついています。
素人目に見ても楽に背負えていそうです。
実際、入学一週間くらいするとクラスメイトの中には「腰が痛い」と言い出す子もいたんですが、息子は全くありませんでした。

弾力性のある「せみね」クッション

 

「せみね」もセイバンのランドセルの大きな特徴です。
背中の両脇が盛り上がっていて、最初は「こんなに盛り上がっていて、背負いにくくないの!?」と思っていましたが、息子が友達に「俺のランドセル、背中フカフカだから痛くないんだ!」と言っていたので快適なんでしょうね 笑

防犯アイテムを付けられる両肩ベルトのフック

ベルトには左右どちらにもフックがついています。
今は子供の防犯対策も徹底していて、入学と同時に防犯ブザーをプレゼントしてくれる学校もある程です。
また、下駄箱のところにある画面にカードをピッとかざすと親の携帯にメールが来て、学校を出入りした時間を知らせてくれるシステムを採用している学校もあります。
なので、ランドセルには、防犯ブザーやメールシステムカードなどをぶら下げるフックがあると便利。
息子は、両肩ベルトのフックに防犯ブザー・防犯笛・メールシステムカードをじゃらじゃらぶら下げています 笑

背負う時にサポートしやすい手持ちハンドル

肩ベルトの間にあるハンドルです。
小学一年生くらいの子だと、一人で大きく重いランドセルを背負うのは一苦労です。
一応背負えても、肩ベルトに付けた防犯ブザーがベルトと体の間に挟まってしまったり…なので、朝は私がハンドルを持ち上げてサポートしながら背負わせてあげています。

閉め忘れ防止になるワンタッチオートロック

かぶせを本体に留める時に、金具を穴に通してグッと押し込むと勝手にロックがかかります。
かぶせを閉め忘れて、お辞儀をしたらランドセルの中身がバサーーーっと落ちるというコントのような事態を防いでくれます 笑
初めて見たときはハイテクな感じがして感動しました 笑

鍵引っ掛けフック

内ポケットの中にはフックがひとつついています。
共働きのご家庭などはお子さんに家の鍵を持たせたいと思いますが、ここにつけておけば紛失の心配が減りますし、防犯にもなります。
息子はまだ信用できないので鍵は持たせていませんが 笑、近い未来役立つと思っています。

シンプルなデザイン

 

数ある天使のはねシリーズの中でも一番シンプルなデザイン。
高学年の「大人とそんなに変わらないな?」という背格好の子が、キラキラの刺繍が入ったランドセルを背負っているのを見かけると、私はなんとなく違和感を覚えてしまうもので…
シンプル・イズ・ベストという言葉をモットーに選びました。
かぶせの下ラインと、横にドットで入っている反射板も控えめながらアクセントになっていて、気に入っています。

ここはイマイチ…

すぐ外れる時間割表

かぶせの内ポケットに自分で書ける時間割表が入っているんですが、するりと落ちてしまいます。
何度も落ちて、ある日ついに息子が手に持って下校してきたので 笑、もう入れるのをやめました。

すぐ外れるチルトプレート

傾斜のついた底敷きで、教科書を背中側に倒して重心を安定させるらしいですが、これもめっちゃ取れます 笑。
一応テープで張り付くようになっているんですが、全然張り付かず…毎回ランドセルから教科書を出す時に一緒に出てきてしまうので、面倒になって私はとってしまいました。
なくても快適に背負えてはいるようです 笑

→→→楽天で 天使のはねクラシック・クラシックネオを見る←←←

→→→Amazonで 天使のはねクラシック・クラシックネオを見る←←←

 

天使のはねクラシックの2020年モデルは「クラシック」と「クラシックネオ」

 出典:楽天出典:楽天

天使のはねクラシックの2020年モデルは、「天使のはねクラシック」と「天使のはねクラシックネオ」の2種類になります。
それぞれのスペックをまとめると以下の通りです。

 天使のはねクラシック  天使のはねクラシックネオ
外装素材 クラリーノ エフ「レインガードFx」 クラリーノエフ「アンジュエールグロス」
重量 1,140g 1,190g
内寸サイズ 高さ31.0×幅23.5×サイド幅11.5cm 高さ31.0×幅23.5×サイド幅11.5cm
外装カラー 6種 4種
内装セミオーダー 不可 可能
販売場所 セイバン直営店・オンラインストア 量販店・百貨店
希望販売価格(税込) 57,240円 57,240円

大きく違うのは、素材・内装のセミオーダー可否・販売場所です。
サイズや重さ、機能面での違いはほぼないので、外見と買いに行きやすさで決めれば良いでしょう。

セミオーダーできるデザインのパターンや販売場所など、それぞれのモデルの詳細については、セイバン公式サイトで見られます。

また、以下の通販サイトでは直営店やオンラインストアよりも安く手に入れられることが多いので、こちらも一度チェックしてみて下さいね。

→→→楽天で 天使のはねクラシック・クラシックネオを見る←←←

→→→Amazonで 天使のはねクラシック・クラシックネオを見る←←←