mamakao!(ママカオ!)

ミルトン錠剤(CP)と液体の違いは?それぞれの特徴と、どんな人に向いているのか

calendar

哺乳瓶の消毒方法はいくつかありますが、ミルトンを使うことを検討している方も多いですよね。
ミルトンには錠剤(ミルトンCP)と液体の2つのタイプがあります。
今回はその違いや、それぞれどんな人に向いているのかをご紹介していきます。

そもそもミルトンとは?

出典:ミルトン公式

ミルトンは、哺乳瓶などのベビー用品を消毒するための薬剤です。
薬剤には錠剤(ミルトンCP)と液体の2つのタイプがあり、どちらも専用容器に入れた水に規定量を溶かして消毒液を作ります。
できた消毒液にベビー用品を浸すだけで消毒ができるので、手軽な消毒方法としてママたちから人気があるんですよ。
私は子供をほぼ完ミで育てましたが、哺乳瓶の消毒には毎回ミルトンを使っていました。
私がミルトンを使った感想やミルトンのメリット・デメリットについては別記事で詳しくまとめていますので、今回の記事と合わせて参考にして下さいね。

哺乳瓶消毒はミルトンがおすすめ?メリット・デメリットは?

→→→楽天で ミルトンを見る←←←

→→→Amazonで ミルトンを見る←←←

 

ミルトン錠剤(CP)と液体の違いは?

効果の違いはないと考えてOK

液体タイプの主成分は、次亜塩素酸ナトリウムというものです。
この次亜塩素酸ナトリウムには細菌やウイルスを除菌・殺菌・消毒する効果があり、規定量を水に溶かすことで哺乳瓶などのベビー用品を消毒することができます。

一方、錠剤タイプのミルトンCPの主成分は、ジクロイソシアヌル酸ナトリウムというもので液体タイプとは異なります。
しかし、このジクロイソシアヌル酸ナトリウムには、水に溶けると次亜塩素酸ナトリウムに変化するという性質があり、ミルトンは水に溶かして使うものなので、結局は錠剤タイプも次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒することになります。

以上のことから、ミルトンの効果は液体でも錠剤でも変わらないと考えてOKなんですね。

→→→楽天で ミルトンを見る←←←

→→→Amazonで ミルトンを見る←←←

消毒液を簡単に作れるのは錠剤

ミルトンで哺乳瓶用の消毒液を作るには、4リットルの水に液体ミルトン50mlか、錠剤ミルトン2錠を溶かします。
液体ミルトンのキャップには25mlのところに目盛りが入っていて簡単に計量ができますが、錠剤タイプはその計量すらする必要がありません。
錠剤タイプは個包装のシートを開けて水にポチャンと入れればあっという間に溶けます。
計量の際に誤まってこぼす心配もありませんし、より簡単に素早く消毒液を作ることができます。

→→→楽天で 錠剤のミルトン(CP)を見る←←←
→→→Amazonで 錠剤のミルトン(CP)を見る←←←

汎用性が高いのは液体タイプ

上に書いた通り、液体タイプは必要量を自分で計り取る必要があるため、消毒液を作るのに多少手間がかかります。
でもその反面、使用量の細かい調節が簡単にできるというメリットもあります。
小さなベビー用品だけを消毒したいから消毒液を少なく作りたい、手指や衛生器具の消毒に使いたいから濃度を変えたいなど、いろいろなケースに合わせて調節がしやすいわけです。
(ちなみに、手指に使う場合には20倍に、衛生器具に使う場合には10〜50倍に希釈します。)

→→→楽天で 液体のミルトンを見る←←←
→→→Amazonで 液体のミルトンを見る←←←

どちらも安全・衛生的に使えると考えてOK

液体タイプのキャップは上から押しながらでないと開かない仕組みになっていますし、錠剤タイプの袋は幼児の手では切ることができない特殊なものなので、どちらも誤飲の危険性は低く安全に使うことができます。
衛生面は個包装の錠剤タイプの方が高いように思えますが、液体タイプも開封後3年間は使用可能で、この期間内に使い切らないケースは考えにくいことから、どちらも問題なく衛生的に使えると考えて良いでしょう。

→→→楽天で ミルトンを見る←←←

→→→Amazonで ミルトンを見る←←←

コスパが良いのは錠剤

液体タイプと錠剤タイプの1回あたりの価格は以下の通りです。

販売価格(税抜き) 1回あたりの価格
液体タイプ450ml  1,000円  111円
液体タイプ1,000ml  1,500円  75円
錠剤タイプ36錠   1,200円 66円
錠剤タイプ60錠  1,900円   63円

錠剤タイプの方が液体タイプよりも1回あたりの価格が安いことがわかりますね。

→→→楽天で 錠剤のミルトン(CP)を見る←←←
→→→Amazonで 錠剤のミルトン(CP)を見る←←←

 

ミルトン錠剤(CP)と液体は、それぞれどんな人におすすめ?

出典:ミルトン公式

 

液体タイプはこんな人におすすめ

液体タイプが錠剤タイプより優れているのは、汎用性の高さです。
なので、液体タイプは、ミルトンを使って哺乳瓶以外のベビー用品・手指・衛生器具なども消毒したいという人におすすめです。
消毒液量や消毒液濃度の細かな調節ができるので便利に使えるでしょう。

→→→楽天で 液体のミルトンを見る←←←
→→→Amazonで 液体のミルトンを見る←←←

錠剤タイプはこんな人におすすめ

錠剤タイプは、簡単に哺乳瓶用の消毒液を作れる点と、値段が安い点が魅力です。
なので、完ミ育児など頻繁に哺乳瓶消毒をしなければいけない人におすすめです。
完ミで低月齢の赤ちゃんを育てるとなると、毎日必ず消毒液を作らなければいけないので、簡単に使えて安いというのは重要なポイントになります。

→→→楽天で 錠剤のミルトン(CP)を見る←←←
→→→Amazonで 錠剤のミルトン(CP)を見る←←←

 

まとめ

ミルトン錠剤(CP)と液体の違いは…
・汎用性が高いのは液体タイプ
・簡単に使えてコスパが良いのは錠剤タイプ

液体をおすすめしたいのは…
・ミルトンで色々なものを消毒したい人

錠剤をおすすめしたいのは…
・ミルトンを頻繁に使いたい人

ミルトン錠剤(CP)と液体の詳細が見られますので、チェックしてみて下さいね↓

→→→楽天で ミルトンを見る←←←

→→→Amazonで ミルトンを見る←←←

 

哺乳瓶消毒はミルトンがおすすめ?メリット・デメリットは?