mamakao!(ママカオ!)

妊活・妊娠・出産・育児グッズのことなら「mamakao!」

Home » 育児 » レビューあり/春夏用の抱っこ紐ケープ!UVカットできて涼しいおすすめ商品

レビューあり/春夏用の抱っこ紐ケープ!UVカットできて涼しいおすすめ商品

calendar

抱っこ紐の上からかぶせて使う「抱っこ紐ケープ」。
温度調節をしたい時などに、赤ちゃんを抱っこしたままサッと着脱できるので、抱っこ紐で外出する時にはぜひ持っておきたいアイテムです。

今回はそんな抱っこ紐ケープの中から、春夏用の抱っこ紐ケープに着目して、必要性・選び方・おすすめ商品をご紹介していきます。

おすすめ商品の中には筆者が自分の子供に使っていたものもあるので、レビューとしても参考にして下さいね。

スポンサーリンク

春夏用の抱っこ紐ケープは必要?

抱っこ紐ケープというと、冬の防寒アイテムというイメージがあるかもしれません。

でも、外出している時に赤ちゃんに悪影響を及ぼすものは、冬の寒さだけではないですよね。

  • 春〜夏に多くなる紫外線
  • 春に多く飛散する花粉
  • 梅雨にたくさん降る雨
  • 夏に多く発生する蚊などの虫
  • 夏のクーラーによる冷え

…このような影響からも赤ちゃんを守る必要があります。

春夏用の抱っこ紐ケープには、UVカット機能や防水加工など、これらの影響から赤ちゃんを守る工夫が施されています。

一年を通して抱っこ紐で快適に外出するためには、冬だけでなく春夏用の抱っこ紐ケープも用意しておくと安心なんですね。

春夏用の抱っこ紐ケープの選び方は?

春夏用の抱っこ紐ケープを選ぶ時は、以下のポイントをチェックしましょう。

紫外線防止力

春〜夏は、一年で最も紫外線が多くなる時期です。
赤ちゃんの肌は大人よりも敏感で、紫外線を浴びると赤く炎症を起こしたり、場合によっては将来の皮膚病や眼病の原因になることもあります。

抱っこ紐から出てしまう頭や手足が紫外線にさらされないように、春夏用のケープは紫外線防止力のあるものを選びましょう。

単に紫外線防止と記載されているものではなく、「〜%の紫外線をカット」「紫外線透過率〜%」「UFP〜」など、具体的な数値が書かれているものだとより安心ですよ。


生地

気温が高く花粉の飛散量も多い春夏に使う抱っこ紐ケープ。
買う時には、生地選びも重視したポイントです。
以下におすすめの生地をまとめましたので、参考にして下さいね。

薄手の生地

気温が高くなる春夏に使う抱っこ紐ケープは薄手の生地のものがおすすめ。
薄手で涼しく付けられるので熱中症対策にもなりますし、洗濯をした後も乾きやすく管理も簡単です。

通気性の良い生地

熱や汗がこもらないように通気性の良い生地がおすすめ。
コットンやメッシュなど、さらっと着られるものを選びましょう。

吸汗・速乾生地

汗を吸いにくい生地や、吸った汗が乾きにくい生地だと、汗疹やかぶれの原因になってしまいます。
「吸汗」や「速乾」と記載された商品も、春夏の使用におすすめです。

防水・撥水生地

梅雨の雨や、夏の通り雨の時に使う可能性を考えると、防水機能はあった方がベター。
雨具代わりに使えるものから、短時間の小雨くらいならしのげるというものまで様々な商品があるので、どの程度の防水機能が欲しいか考えてみましょう。

花粉ブロック生地

春夏は花粉の飛散量が多い時期でもあります。
小さな赤ちゃんでも花粉アレルギーがある子はいるので、そうした子には花粉ブロック機能のついた抱っこ紐ケープがおすすめです。

洗濯できる生地

汗をかきやすい春夏に使う抱っこ紐ケープは、お手入れがしやすく衛生的に使えるものがおすすめ。
洗濯機で丸洗いできるものなら、ちょっとした汚れでも気軽に洗濯できていつでも衛生的に使えますよ。


サイズ

抱っこ紐ケープは、赤ちゃんの足先までカバーできないと効果が半減してしまいます。
赤ちゃんの身長と抱っこ紐ケープのサイズを比較して全身がすっぽりと覆えるものを選んだり、商品に記載されている対象年齢を目安にして選びましょう。


取り付け方法

抱っこ紐ケープの中には、取り付けできない抱っこ紐があったり、特定の抱っこ紐専用のものもあります。
購入前には必ず手持ちの抱っこ紐に取り付けられるかを確認しましょう。

取り付け方法もクリップやスナップボタンなど様々なので、自分一人でも簡単に着脱できそうかを考えて選んでみて下さい。

春夏用の抱っこ紐ケープのおすすめ商品は?

春夏用抱っこ紐ケープの人気商品の中から、おすすめのものをまとめました。
筆者が実際に使っていたものもありますよ!

おしゃれデザインの冷感ケープ!/DORACO ひんやりUV カット抱っこ紐ケープ

体部分はメッシュ、顔まわりはコットンでできたケープ。

メッシュ部分は通気性が良いのはもちろん、接触冷感生地でできているので冷んやり涼しく付けることができます。

顔周りには華やかなデザインが施されたコットン素材を使用。
赤ちゃんの顔が触れても肌荒れを起こしにくく、カラフルでおしゃれなデザインも目を引きます。

機能性とデザイン性どちらも譲れないという方におすすめです。

紫外線防止力 93.1%UVカット
生地 メッシュ部分は接触冷感生地、手洗い
サイズ 横80×縦67cm
取り付け方法 クリップ
参考価格 6,490円(税込)  ※2020年3月に楽天市場で調査

梅雨や秋雨にも!春〜秋まで使えるケープ/スモルビ 2WAY抱っこ紐ケープ ウインドブレーカー&レインカバー

生活防水加工が施されたレインカバーにもなるケープ。

筆者も持っていました。
雨に関しては、小雨の時に短時間しか使う機会がありませんでしたが、しっかりと防水してくれました。

取り付けは、スナップボタン式の肩ベルト×2と背中のバックルベルトの合計3箇所で行います。
少し手間はかかるものの、一度取り付けてしまえば風が吹いてもめくれないのでしっかりガードされている感がありました。

裏地はメッシュですが、表地が比較的しっかりしているので、真夏の日差しよけというよりはクーラーの冷気や風よけに重宝しましたよ。

紫外線防止力 紫外線カット率97%
生地 生活防水、洗濯機可能
サイズ 540×870mm
取り付け方法 スナップボタン&バックル
参考価格 3,980円(税込)  ※2020年3月に楽天市場で調査

体感温度マイナス3℃!新機能生地のケープ/日本営テックス ユグノーシャダンケープ

生地に配合されたセラミックが太陽の赤外線を反射し、体感温度がマイナス3℃になる冷感ケープです。

足元は袋状になっていてめくれにくく、地面からの照り返しからもしっかりガードしてくれます。

クリップで簡単着脱できるので、抱っこ紐だけでなく、ベビーカーやチャイルドシートのケープとしても活躍しますよ。

紫外線防止力 UVカット率95%
生地 紫外線を遮断する「SHADAN」生地
サイズ 着丈70cm、身幅80cm
取り付け方法 クリップ
参考価格 3,780円(税込)〜  ※2020年3月に楽天市場で調査

光触媒で抗菌・消臭・汚れを分解!花粉ガードもできるケープ/buddy buddy 光触媒 3way フィットケープ

バディバディ BuddyBuddy 光触媒 防汚 防臭 抗菌 3wayフィットケープ フットマフ 春夏 UVカット 93% UV 日よけ カット ベビーケープ 抱っこ紐 出産祝い 抱っこひも z5501 5P01Oct16

価格:4,950円
(2020/3/22 16:09時点)
感想(0件)

光触媒「サンダイヤ」を生地に使用したケープ。

光触媒の働きで抗菌・消臭・汚れ分解をしてくれるので、汗をかく季節でも衛生的に使うことができます。

さらに、81.9%の花粉カット率で、外出時のアレルギー対策もできます。

体面だっこ・おんぶ・ベビーカーの3WAYで使えますよ。

紫外線防止力 UVカット率93%
生地 光触媒「サンダイヤ」生地、洗濯機可能
サイズ 着丈:70cm 身幅:70cm
取り付け方法 クリップ
参考価格 4,950円(税込)  ※2020年3月に楽天市場で調査

1箇所で簡単着脱できるケープ!/BuddyBuddy 接触冷感 くるみケット

ママの首の後ろのスナップボタンを留めるだけで簡単に着脱できるケープ。

筆者も持っていました。
とにかく着脱が簡単で、気軽に使うことができるのが良かったです。
さらっと羽織るように使うこともできますし、フード部分と裾のアジャスターを絞っておくるみのようにしっかりとガードすることもできるので、その時の気候に合わせて使っていました。

表地には冷んやり接触冷感素材のモーダルニットを使用していて、生地自体も薄手なので、日差しが強い真夏のお出かけに重宝しましたよ。

紫外線防止力 紫外線カット率97%
生地 接触冷感生地、給水速乾生地、洗濯機可能
サイズ 96×69㎝
取り付け方法 スナップボタン
参考価格 4,950円(税込)  ※2020年3月に楽天市場で調査

春夏用の抱っこ紐ケープは代用も可能?

春夏用の抱っこ紐ケープについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

春夏であっても抱っこ紐ケープが必要ということがお分かり頂けたと思いますが、それと同時に「春夏用の抱っこ紐ケープって結構お値段するのね…」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、まずは代用品で抱っこ紐ケープを自作してみるのがいいかもしれません。
自作と言っても、何か縫ったり切ったりする必要はありません。

春夏用抱っこ紐ケープの代用品の作り方
  1. 薄手のバスタオルを用意する(UVカットできるものだとより良い)
  2. ネット通販などでブランケット用のクリップを買う
  3. クリップでバスタオルと抱っこ紐を繋ぐ

専用品を買うにせよ、代用品で試してみるにせよ、春夏の抱っこ紐もケープでしっかりと守ってあげたいですね!

赤ちゃんを紫外線から守ろう!日焼け対策は何歳から?おすすめアイテムは?

抱っこ紐の防寒は「マルチケープ」が人気!おすすめ商品を紹介!