mamakao!(ママカオ!)

INTEXの空気入れ不要ビニールプール!サイズは?自立する?準備は楽?

calendar

ビニールプールには、自宅で気軽に遊べるというメリットがある一方、空気を入れて水を貯めて…遊び終わったら水と空気を抜いて…と、準備や片付けが大変というデメリットもあります。

今回は、そんなビニールプールのデメリットをクリアする画期的な商品、「空気入れ不要のビニールプール」についてご紹介していきます。

「空気を入れないってどういうこと?」「空気なしで自立するの??」と色々疑問が湧いてくると思いますが、この記事では、多くの皆さんが疑問に思うであろう点についてQ&A方式でまとめていきます。

私自身、INTEX(インテックス)というメーカーの空気入れ不要ビニールプールを持っているんですが、そのプールを買うときに自分が抱いた疑問をもとにまとめていますので、疑問点の解決やレビューとして役立てて下さいね。

アイキャッチ画像出典:楽天

 

空気入れ不要のビニールプールとは?

出典:楽天

水圧で自立するビニールプール

一般的なビニールプールは、袋のような構造になっていて、その中に空気を入れて膨らませることで自立させます。
一方で空気入れ不要のビニールプールは、貯めた水の圧力で自立させる仕組みです。
準備の際に空気を入れたり、片付けの際に空気を抜く必要がないので、手軽に使えるのはもちろん、袋のような2層構造ではないのでコンパクトにしやすく、収納にも便利という特徴があります。

INTEX(インテックス)の商品がおすすめ

空気入れ不要ビニールプールは、intex(インテックス)というメーカーのものが人気が高く、おすすめです。

Amazon・楽天・トイザらスオンラインなどの有名通販サイトや、コストコ・トイザらスなどの実店舗でも取り扱いがあるので、比較的簡単に購入できるのがオススメする理由の一つ。
さらに、サイズとデザインにバリエーションがあり、選択の幅が広いこともポイントです。

以下に、ネット通販で購入可能なintexの空気入れ不要ビニールプールを、サイズ別にまとめました。
チェックしてみて下さいね。

直径122×高さ25cmのプール

水量目安:高さ24cmまで入れて218L

幼稚園くらいの子が一人で入る場合や、ベランダなど小スペースで使いたい場合にオススメのサイズ。

出典:Amazon
→→→Amazonでチェックする←←←

→→→楽天でチェックする←←←

 

直径152×高さ25cmのプール

水量目安:高さ24cmまで入れて443L
☆我が家で使っているサイズ

幼稚園児1人+大人1人で座って入ることができるくらいのサイズ。(下で詳しくまとめています)

出典:楽天

→→→楽天でチェックする←←←

→→→Amazonでチェックする←←←

 

直径183×高さ38cmのプール

水量目安:高さ44cmまで入れて977L

小学校低学年くらいの子なら2人で横になれるサイズ。2人兄弟で長く使いたい方にオススメ。

出典:楽天

→→→楽天でチェックする←←←

→→→Amazonでチェックする←←←

 

直径244×高さ46cmのプール

水量目安:高さ44cmまで入れて2,040L

小学校低学年なら4、5人でも遊べるビッグサイズ。大人数で遊びたい方にオススメ。

出典:楽天

→→→楽天でチェックする←←←

→→→Amazonでチェックする←←←

 

空気入れ不要のビニールプールQ&A

我が家にあるのはintex(インテックス)の直径152×高さ25cmサイズのものです。
以下Q&Aとレビューはこのサイズでしていきますので、ご自分のお子さんの年齢・家族構成(使用人数)・庭の広さなどと照らし合わせながら見ていって下さいね。

 

Q.準備はラク?
A.とてもラク。ホースの蛇口をひねったらあとは放置するだけ。

ビニールプールを設置したい場所に敷いて、水を出したホースを入れておけば、1時間くらいで準備完了です。
空気入れの必要がないので疲れませんし、水を貯める間は他のことをしていられるのでとても重宝しています。

Q.本当に自立する?
A.我が家で使っているサイズは自立する。

我が家で使っている直径152×高さ25cmサイズは、水かさが増えていくごとに側面がそそり立ってきて、完全放置でも自立します。

ただ、Amazonのレビューなどでは、ある程度水が溜まるまでは側面が倒れてしまうので、物を置いて押さえておく必要があるという意見も見られます。
大きめのサイズのものは側面にも高さと重さがあるので、自立しにくいのかもしれません(あくまで私の推測です)。

また、一度自立したら平坦な場所で使っていれば倒れることはありません
ただし、遊んでいるときに寄りかかると側面が倒れることはあるので、その点は注意が必要です。

Q.広さは?深さは?(直径152×高さ25cmサイズのもの)
A.幼稚園児なら一人で寝っ転がったり、ほふく全身もできるくらいの広さ。
幼稚園児が腕立てすると完全に顔が出るくらいの深さ。

座って遊ぶなら幼稚園児+大人1人足だけ浸かるなら親子3人でも遊ぶことができます。
子供が小学生になったり、頭まで水に入れて泳ぐには物足りないと思うので、その場合はもう少し大きいサイズを選ぶと良いかもしれません。

ちなみに、一般的なベランダには大きすぎて置けないと思うので、マンションの方はサイズを下げた方がいいです。

Q.破けない?
A.3シーズン使用しても大丈夫。

子供が3歳〜5歳まで、夏場に週1くらいで使っていますが、破けていません。
息子は結構やんちゃで、クロックスのサンダルで走り回ったりしていますが、今のところ大丈夫そうです。

Q.座ると痛い?
A.コンクリートの上だと若干痛い。

普通のビニールプールのように空気のクッションがないので、コンクリートの上に敷いて座ると少し痛く感じます。
気になるほどではないので、我が家ではそのまま使っていますが、コンクリートや砂利の上で使う場合には下にすのこなどを敷くという人もいるようです。
ちなみに友達の家の芝生の庭で使ったこともありますが、芝生の上なら問題なく使えました。

Q.片付けはラク?
A.ラク。片付けは足で側面を踏んで水を抜いたら干すだけ。

水抜きせんは付いていませんが、側面を足で踏んで倒せばほとんどの水がはけます。
うちの子はこの作業が好きで、率先して踏んづけてくれるので、私の出番はほぼありません。
水がはけたら、そのままどこかに引っ掛けて乾かし、乾いたら畳んでしまえば片付け完了です。
ただし、畳んでも元々入っていた箱に戻せるほど小さくできないので、付属の箱を収納として使うことは考えない方がいいと思います。

Q.コスパは?
A.かなり良い。約2,000円で4年使えている。

予想以上に丈夫なので、この夏も使えば4年使ったことになります。
我が家の近くにあるプールは、一番安い市営プールでも1回大人300円、幼稚園児180円するので、それを考えるとかなりコスパが良いです。

→→→楽天でINTEXのビニールプールをチェックする←←←

→→→AmazonでINTEXのビニールプールをチェックする←←←

 

空気入れ不要ビニールプールで、手軽に水遊びを!

出典:楽天

夏の子育てって大変ですよね。
幼稚園や学校は休みだけれど、外に遊びに行くのも暑くて億劫。
小さい子だと暇を持て余して機嫌が悪くなったり、小学生ぐらいだと室内でダラダラとテレビゲームをして過ごしたりと、ママにとっては精神衛生上良くない状態になりがちです。

そんな時は、庭やベランダにビニールプールを出して水遊びをしてはいかがでしょう?
子供は水遊びが大好きなので喜びますし、そんな子供の姿を見ているとママも少しリフレッシュできるかもしれせんよ。

準備や片付けは、今回ご紹介した空気入れ不要ビニールプールで、できるだけサボっちゃって下さいね。
今年の夏が、お子さんとの楽しい思い出でいっぱいになりますように。

→→→楽天でINTEXのビニールプールをチェックする←←←

→→→AmazonでINTEXのビニールプールをチェックする←←←