mamakao!(ママカオ!)

育メンパパにも!吉田カバンポーターフェイバーをママバッグに

calendar

reload

育メンパパにも!吉田カバンポーターフェイバーをママバッグに

6年間愛用しています

管理人にはもうすぐ6歳になる息子がいますが、その息子が生まれてすぐにマザーズバッグとして買ったのが、吉田カバンのポーターフェイバーです。
息子が0〜1歳の頃はお出かけの時には必ずこのバッグを使っていましたし、その後も使用頻度は減ったものの、少し遠出をするので荷物が多くなる時などはこちらを使用しています。
今回はそんな管理人愛用のポーターフェイバーについてのレビューをしていきたいと思います。
管理人が実際に使ってみて感じた長所はもちろん、ここがこうなるともっといいのになぁ…という短所についても率直に書いていこうと思いますので、参考にしていただければと思います。
約6年間に渡って使用していますので、写真は新品と比べると随分とくたびれた見た目です。
その点は、歴戦の勇者の姿として見ていただければと思います 笑

 出典:楽天

 

長所

ユニセックスなデザインでパパと一緒に使える

 出典:楽天

私がこのバッグを選ぶ最初のきっかけになったのはデザインが気に入ったからです。
気に入ったというのは単に好みの問題だけでなく、ユニセックスなデザインなのでパパが持っても違和感がないと思ったから。
子供が0〜1歳の頃は、パパと赤ちゃんのみで出かける機会はほぼありませんでしたが、私と赤ちゃんとパパの3人で出かけることは良くありました。

赤ちゃんがぐずって私じゃないとあやせない…
長時間の抱っこで私の体が限界…
そんな時に荷物持ちになるのはパパ。

「パパ、バッグ持って!」と言った時に、バッグがあまりにも女性らしくメルヘンなデザイン笑 だとなんかかわいそうかなーと思ったんですよね。

我が家は3人家族で私は専業主婦ですが、シングルファーザーのご家庭や共働きで保育園の送り迎えはパパがするというご家庭も珍しくないご時世、ユニセックスなデザインのマザーズバッグがもっと増えてもいいのになぁと私は常々思っています。

ともかく、ポーターは男性もよく持っているメーカーなので、パパも抵抗なく使えるのが素晴らしいと思います。

ポケットが多い

私が使っているLサイズには、10箇所のポケットと1箇所のペットボトルホルダーがついています。

外側に7箇所
①、②…

③、④、⑤、⑥…

 

表側の①、②箇所にはヨダレを吹くタオルやテッシュ、家の鍵などサッと取り出したいものを入れておくと便利。
底部分④には汚れたオムツや服などを入れておけば、他の荷物への汚れや臭いうつりを防いで衛生的です。

内側に3箇所+ペットボトルホルダー
⑧、⑨、⑩箇所とペットボトルホルダー!…見えずらくてすみません。

内側にもポケットがあるので、お菓子、離乳食、着替え、携帯電話などをポケットごとに整理して綺麗に入れることができます。ポケットが多いのでバッグインバッグやオムツポーチなどは使っていませんでした。
ペットボトルホルダーには哺乳瓶を入れていました。今は息子の水筒入れになっています。

大容量

荷物をたくさん入れられることはマザーズバッグの基本ですね。

ものすごい量が入ってますね。
(画像は管理人運営の別ブログからです)

ちなみにこれが色あせしていない状態です!笑

 

出典:主婦の買い物帳

荷物をたくさん入れた時には、開き口に蓋ができるようになっているのも嬉しいポイント。
中身が外に散らばるのを回避できますし、混んでいる電車やバス内で他人に中身を見られる心配もなくなります。


荷物が少なめの時はカバンについたホックで直に閉じることもできますよ。

ショルダー・トートの2WAY

赤ちゃんを抱っこして歩いたり電車に乗ったりする時には斜めがけのショルダーとして、赤ちゃんをベビーカーに乗せる時にはベビーカーのフックからぶら下げて使えたので便利でした。
すでにお子さんが走り回るくらい大きい方でない限りは、私はマザーズバッグはショルダーかトートタイプが、荷物がすぐに取り出せて便利だと思います。
ポーターフェイバーは、シーンに合わせてショルダーとしてもトートとしても使えるので嬉しかったです。

丸洗いできる

赤ちゃんが吐いた…
公園に行って泥がついた…
病院に行った後はなんとなくバイキンが付いていそうで…

マザーズバッグを洗いたいと思うことは結構あると思います。
私はそんな時は、普通に洗濯機に入れて、普通の洗剤で丸洗いしてしまいます。
それで問題なく使えています。(ただし、色あせしやすくはなるかもしれません。)

短所

重い

これは改善してほしいなぁというところです。
公式では740gとなっていますが、試しに自分でも測ってみました。

500mlのペットボトル1本が約500gと言われているので、それよりも重いことになります。
ここに色々荷物を入れると、結構重くなります。
もちろん耐えられないほどではないですが、お子さんが大きめ・体力に自信がない・お出かけの時にパパを頼れない・徒歩移動が多いという方は気になるかもしれません。
収納力を考えると私はLサイズをおすすめしますが、荷物を厳選して減らせるという方はMサイズにしてもいいかもしれませんね。

色あせする

私のバッグは6年間使っているのでかなり色あせしています。
ネイビーは色が濃いので特に目立つと思います。ただし、その分汚れは目だちません。
色あせが気になる方はベージュやカーキを選んだほうがいいでしょう。
ちなみにどのカラーであっても、パパも問題なく持てると思いますよ。

 

いかがでしたか?
マザーズバッグは色々なものがあってどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。
今回後紹介したポーターフェイバーはもちろんおすすめできるものですが、これ以外にも良い商品はたくさんあります。
それぞれの長所や短所をよく比較検討して、ご自身が納得して使えるものを選んで下さいね。

 出典:楽天

息子が乳児の時に書いたレビューはこちらから見られます!

マザーズバッグを選ぶポイントはこの4つ!