mamakao!(ママカオ!)

ボードゲームで考える力を身につけよう!子供にオススメ、世界のボードゲーム

calendar

reload

ボードゲームで考える力を身につけよう!子供にオススメ、世界のボードゲーム

ボード(盤)上に、コマやカードを置いたり、動かしたり取り除いたりするゲーム、「ボードゲーム」。

ボードゲームは最近、単なる娯楽のための玩具としてだけではなく、「考える力」を学ぶ教育ツールとしても注目されています。

そこで今回は、ボードゲームについて、教育ツールとして注目を集める現状や、子供にオススメの世界のボードゲームを紹介していきたいと思います。

ボードゲームで考える力を身につける授業、「マインド・ラボ」

世界15カ国の先進校では「マインド・ラボ」という教育メソッドが採用されています。
マインド・ラボは、ボードゲームを使って「考える力」を学ぶ教育プログラムです。

ボードゲームをクリアするためには

・ルールを理解すること
・協力して進めていくこと
・考え方に秩序を持って進めていくこと
・優先順位をつけて進めていくこと

などが必要になってきます。

そしてこれは、勉強をするうえでも、社会生活を送るうえでもとても重要なことです。

マインド・ラボでは、普通の授業では教えにくいけれど、とても大切なこれらのことを、ボードゲームを使って学んでいきます。

実際に、ボードゲームで学んだ子供は、そうでない子に比べて、問題解決率が高くなったという調査結果(米イェール大学)もあり、ボードゲームは教育ツールとしても、今後ますます注目が高まると考えられています。

「マインド・ラボ」は家庭でもできる!

ボードゲームを使えば、家庭でも生きていくのに必要な「考える力」を身につけることができます。

以下はやり方の一例です。

1.ゲームをプレイする

まずは、ゲームのルールを理解したうえで、純粋にプレイを楽しみましょう。
幼児であれば、ルールを理解して、そのルール内で目的を達成するよう考えるだけで、知育になります。

2.どうしたら勝てるか?クリアできるか?を皆で検討する

現状を把握し、起こりうる可能性について、皆で検討してみましょう。
コマを「いつ」使うと効果的か、「どう」置くと良いか、逆の場合には「どう」対処するかなど、具体的な戦略についても話し合ってみましょう。

そうすることで、考える力が身につきますし、自分が相手の立場ならどのコマを、いつ、どう置くかなど、相手の立場に立って物事を考える訓練にもなります

小さな子の場合には、大人が「このコマは他のコマとどう違う?」「このコマはどう置いたらいいかな?」などと、誘導してあげると良いでしょう。

3.プレイが終わったら、どうしたら勝てたか?クリアできたか?、皆で検討する

結果が勝ちでも・負けでも、成功でも・失敗でも、その理由を検討してみましょう。
どこが勝ち負け、成功・失敗の分岐点になったかを洗い出すことで次に活かすという、問題解決の方法論を学びます。

3.実生活であてはまる状況について話し合う

サッカーの試合や体育の授業、学校のテストや友達との遊びなど、あてはまる状況について話し合ってみましょう。

なかなか難しいと思いますが、例えば、サッカーなら相手の動きを予測してその場合の対処法を考えておく、こんな状況ではこのメンバーをこのポジションに投入するなど、学んだ考え方が応用できるシチュエーションを考えてみると良いでしょう。

 

全てのボードゲームでこの通りできるわけではありませんが、「ゲームをプレイする→思考パターンについて学ぶ→実生活であてはまる状況について話し合う」を意識してやってみる事が大切です。

子供におすすめの、世界のボードゲーム

子供におすすめのボードゲームをまとめてみました。
世界各国の知的現場で採用されているものばかりなので、お子さんにとって役立つ力を身につける助けとなるはずです。
詳細が載っているページへのリンクも貼っておきますので、気になるものについてはご自身でも調べてみて下さいね!

KATAMINO(カタミノ)

様々な形をした12個のブロックを、しきり棒で仕切った様々な大きさの枠にはめるのが基本の遊び方。

たった12個のブロックを枠に入れるだけなのに、500もの問題があり、それぞれの回答方法も36057通りあります。
答えが複数あるので、「課題をどうやって解くかを考える力」がつきます。

我が家の幼稚園年長の息子も持っていて、夢中で遊んでいます。
幼稚園年長〜低学年くらいの子なら、十分楽しめますよ。

もっと小さな子でも、積み木のように遊んだり、色遊びをしたり、年齢にあった遊び方があるので、リンクから調べてみて下さいね。

出典:アマゾン

→→→楽天で カタミノを見る←←←
→→→Amazonで カタミノを見る←←←

1歳から始める脳トレ!人気ボードゲーム「カタミノ」の遊び方と魅力紹介!

RUSH HOUR(ラッシュアワー)

ボード上に、前後にのみ動かせる車を、指定通りの置き方で配置。
他の車を動かして、自分の車を渋滞から脱出させるボードゲームです。

難易度は初級・中級・上級・エキスパートの4段階、合計40問に挑戦します。
この大きさの車を動かす必要があるから、まずはこっちの車をここに動かして…と、理論的思考力が必要なゲーム。

幼稚園年長児の我が子も持っていますが、初級なら一人でもクリアできます。
ラッシュアワーにはジュニア版という簡単なバージョンもあるので、もっと小さなお子さんや、思考に慣れていないお子さんは、まずはそちらを試しても良いかもしれませんね。

出典:楽天

→→→楽天で ラッシュ・アワーを見る←←←
→→→Amazonで ラッシュ・アワーを見る←←←

 

ボードゲーム「ラッシュアワー」で理論的思考力を身につけよう!幼稚園児と遊んだ感想

 

GRAVITY MAZE(グラビティ・メイズ)

出典:楽天

決められたスタートとゴールを、高さや回路の違うタワーで連結し、球をゴールまで転がすゲーム。
タワーの材料になるブロックは、内部の形状がまちまちで、置く向き二よって回路が変わります。

出典:楽天

結論から道筋を考える能力が身につくゲームです。
難易度は初級・中級・上級・エキスパートの4段階、全60問に挑戦します。

ちなみに、息子が次に狙っているボードゲーム。

出典:楽天

→→→楽天で グラビティ・メイズを見る←←←
→→→Amazonで グラビティ・メイズを見る←←←

立体迷路のグラビティ・メイズを幼稚園児とやってみた!結論から考える能力を鍛えよう!

TIPOVER(ティップオーバー)

ボード上に配置されたブロックを倒して足場を作り、駒がボード上に落ちないように出口まで脱出させるゲーム。

結論から答えを導き出す能力や、数量の感覚が身につきます。

難易度は初級・中級・上級・エキスパートの4段階、全40問に挑戦。

学校で勉強する算数の本質的理解に繋がる「数量の感覚」が身につくので、幼稚園年長〜小1くらいの子に特におすすめです。

→→→Amazonで tipover(ティップオーバー)を見る←←←

TIPOVER(ティップオーバー)レビュー!ボードゲームが小学校の勉強に役立った

 

 

HOPPERS(ホッパーズ)

出典:楽天

池の中に、指定通りにカエルを並べます。
カエルは隣のカエルの場所にのみ飛ぶことができ、飛んだ先のカエルは取り除く事ができます。
最後に池に1匹だけカエルを残せればクリアです。

難易度は初級・中級・上級・エキスパートの4段階、全40問に挑戦します。

頭の中で数手先まで計算する能力が培われますよ。

出典:楽天

→→→楽天で ホッパーズを見る←←←
→→→Amazonで ホッパーズを見る←←←

 

CHOCOLATE FIX(チョコレート・フィックス)

出典:楽天

ボードをチョコレートで埋めるゲーム。
カードに書かれたヒントから推測して、チョコレートの正しい配置を考えます。

事実を組み合わせて結論を導き出す、理論的推理力が身につくゲームです。

難易度は初級・中級・上級・エキスパートの4段階、全40問に挑戦します。

可愛い見た目とは裏腹に、子供にとってはなかなか難しいので、まずは大人が考え方を教えながらゆっくりと挑戦してみましょう。

出典:楽天

→→→楽天で チョコレート・フィックスを見る←←←
→→→Amazonで チョコレート・フィックスを見る←←←

 

他にも色々なボードゲーム!

出典:楽天

考える力が身につくボードゲームは、他にも色々あります。
一度調べみて下さいね!

→→→楽天で ボードゲームを見る←←←
→→→Amazonで ボードゲームを見る←←←

 

ボードゲーム「ラッシュアワー」で理論的思考力を身につけよう!幼稚園児と遊んだ感想

1歳から始める脳トレ!人気ボードゲーム「カタミノ」の遊び方と魅力紹介!