mamakao!(ママカオ!)

インココネイルの乾燥しない保存方法は?開封後どのくらい使える?

calendar

reload

インココネイルの乾燥しない保存方法は?開封後どのくらい使える?

インココは開封後から乾燥がはじまる

貼るマニキュアとしてじわじわと人気が出てきている「インココ ネイルシール」。

以前、このサイトでも、「子育て主婦がインココネイルに挑戦してみた!使い方は?もちは?徹底検証!」という記事を書いて、たくさんの方に見ていただいています。

子育て主婦がインココネイルに挑戦してみた!使い方は?もちは?徹底検証!

インココのママが使いやすいデザインは?幼稚園ママがレビュー!

インココネイルのグァバモヒートが使いやすい!ママの春夏ネイルにオススメ!

そこで今回は、前回の記事では触れなかった「インココ ネイルの保存方法」について書いていこうと思います。

インココは、両手の爪10本に貼るだけなら、ほぼ間違いなく余りがでます。
爪の大きさによりますが、2〜3回分貼れる量が入っています。

ところが、インココは乾燥に弱く、「一度開封すると、すぐ乾燥して余りが使えなくなってしまう」と言われることが多いんです。

せっかく余っているのに、乾燥して使えなくなるのはもったいないですよね。

今回の記事では、インココを乾燥させずに保存する方法について検証していますので、ぜひ参考にして下さいね!

出典:Amazon

→→→Amazonで インココネイルをみる←←←

 

インココは貼るときから乾燥対策を!

インココはベースコート・カラーマニキュア・トップコートを三層に重ねてシール状に加工したものです。

そのため、シール貼ってます!感がなく、マニキュアをハケで塗ったような自然な仕上がりになり、そこが人気のポイントでもあります。

でも、その一方で、材料がマニキュアなので、パッケージを開封後空気中に置いておくと、30分くらいで乾燥して爪にうまく貼れなくなってしまうんです。

公式サイトでも、30分以内に貼るようにとの記載がありますが、慣れていないうちは30分以内に両手の指10本に貼るのはなかなか難しいかもしれません。

また、30分かからずに全指に貼れたとしても、空気に触れた瞬間から乾燥ははじまるので、粘着力は弱くなっていきます。

なので、インココを貼るのに慣れていない場合はもちろん、慣れている場合も、貼る時から乾燥対策をすることが大切なんです。

具体的な対策方法は簡単。
1回分に必要なシートを取ったら、後はもとのパッケージに戻して密閉すればいいんです。
密閉の方法については、次に詳しく書きますが、「使わない分はしまう」ということを徹底することが大切です。

 

インココの余りを乾燥させずに保存する方法!

インココを保存するときには、乾燥防止のため、空気に触れないようにすることがポイントです。

空気に触れない保存方法としては、以下の2つが考えられます。

・市販の密閉袋で保存
・付属のパッケージで保存

この2つについて、どのくらい乾燥を防げるか検証してみました!

市販の密閉袋で保存した場合

検証に使ったのはリーディングレディというシート。

 

余りをダイソーで買った密閉袋にそのまま入れてみました。

その後、リビングに置いてあるメイクボックスの中で3週間保存。(爪に貼ったものが3週間とれなかったので)

3週間後の様子です。

特に見た目に変化はありませんが、爪に貼ってみると、、、

全然くっつかない!

しっかり空気をシャットアウトできなかったのか?
シートが硬くなってしまっていて、ぎゅっと爪に押し付けても端が浮いてどうにもなりませんでした。

ベースコートをうすーく塗った上からなら貼れることがあるそうですが、そのやり方でもダメでした。

ジップロックなど他メーカーの密閉袋なら、もしかしたらいけるのかもしれませんが、、、
今回の結果を見た限りでは、市販の密閉袋での保存はあまりおすすめできません。

 

付属のパッケージで保存した場合

検証に使ったのはドリームスケイプというシート。

 

インココがもともと入っていた袋の口を、セロテープでくっつけて、その中で保存してみました。

保存場所は同じくリビングにあるメイクボックスの中。
保存期間も同じく3週間です。

3週間後。
画像がなくて申し訳ないんですが、見た目はまったく変化なし。
そして肝心の貼れるか?ですが、、、

普通に貼れました!

新品の時と特に違いない柔らかさで、簡単に貼ることができました。

この時にも余りがでたので、同じく付属のパッケージにセロテープを貼って、さらに3週間保存してみることに。

3週間後貼ってみたところ、、、

これまた貼ることができました!

(貼って1週間後の画像なので根元が伸びています。)

全指に貼る量が残っていなかったので、人差し指と小指はプレシャスジェムですが、ドリームスケイプもちゃんと貼れています。

若干硬くはなっていましたが、指でぎゅっと押せばしっかりくっついてくれました。

ただ、持ちは若干悪くなっていて、1週間くらいで根元が少し剥がれはじめ、2週間後には剥がれが大きくなってオフすることに。

とはいえ、1回目を貼った余りが3週間、2回目を貼った余りが3週間。
合計で1ヶ月半もの間、乾燥せずに保存できたことになります!!

これだけ持てば、多くの方は余りを使いきれると思うので、インココを保存するなら付属パッケージをセロテープで閉じるのがおすすめです!

シートの種類(デザイン)によっても、保存期間は変わる!

今回検証に使ったのは、リーディングレディとドリームスケイプというデザインのシートで、どちらもラメありのものです。

 

普通のマニキュアでもそうですが、インココもラメありのシートは爪に密着しやすく、とれにくいです。

なので、ラメなしのシートだと、そもそも爪に密着しにくいので、同じ方法で同じ期間保存したのに乾燥して貼りにくい・剥がれやすい…と感じるかもしれません。

実際に、ラメなしのプレシャスジェムを付属パッケージにセロテープを貼る方法で保存。
2週間後に貼ってみたところ、端が浮いてしまって貼りにくかったです。
持ちも1週間程度と、短かい期間で剥がれてしまいました。

←端が浮くので仕上がりもシワができている

インココを乾燥させずに、出来るだけ長く保存したいなら、ラメありデザインを選ぶのもひとつの手です。

 

まとめ

今回の検証結果をまとめます。

・インココの乾燥対策は貼る時から始まる。使わない分は、すぐに袋にしまって密閉する。

・余ったインココは、付属パッケージに戻して開け口をセロテープでとめておくと、乾燥しにくく長く保存できる。

・ラメありデザインのインココシートは、他のデザインと比べて、開封後に長く保存しやすい。

参考にしてみてくださいね。
できるだけ長くインココを楽しみましょう!

出典:Amazon

→→→Amazonで インココネイルをみる←←←

 

子育て主婦がインココネイルに挑戦してみた!使い方は?もちは?徹底検証!

インココのママが使いやすいデザインは?幼稚園ママがレビュー!

インココネイルのグァバモヒートが使いやすい!ママの春夏ネイルにオススメ!