mamakao!(ママカオ!)

パタゴニアのベビー・キッズが優秀!筆者が買った商品紹介

calendar

reload

パタゴニアのベビー・キッズが優秀!筆者が買った商品紹介

ベビー・キッズのブランドというと「ミキハウス」や「ファミリア」などが有名ですが、そういったブランドとは違うテイストで最近人気を集めているのが、「パタゴニア」のベビー・キッズラインです。
デイリー使いにも出産祝いなどのプレゼントとしても、実はとても優秀でおすすめできるパタゴニア。
筆者も自身の子供に、シーズン毎に1つはパタゴニアグッズを新調しています。
今回はそんなパタゴニアのベビー・キッズグッズについて、おすすめの理由や筆者のおすすめ商品をご紹介していきたいと思います!

パタゴニアってどんなブランド?

パタゴニア(Patagonia)は1970年代に創設されたアメリカのアウトドアブランドで、1988年には日本支社も開設されました。
1985年に開発した「シンチラ素材」は現在の「フリース」の元祖として有名です。
また、それまでのアウトドアブランド製品はダークトーンが中心のカラーバリエーションが少ないものでしたが、パタゴニアは鮮やかな色彩を採用したことでも知られています。
アウトドア製品を機能性・デザイン性の両面から高めてきた、アウトドアブランドのパイオニア的存在です。

パタゴニアのベビー・キッズグッズはどこで手に入る?

パタゴニアの日本での直営店数はそれほど多くありませんが、最近では人気の高まりを受けて、有名百貨店の子供服売り場でも販売されるようになりました。
また、スポーツ用品店や大手通販サイトでの取り扱いも多く、直営店が近くにないという方でも簡単に手に入れられるようになっています。

パタゴニアのベビー・キッズグッズがおすすめの理由!

理由1:アウトドアブランドならではの機能性の高さ

パタゴニアのベビー・キッズグッズは、製品ごとに赤ちゃんや子供が快適に使えるように、また、ママやパパが使いやすいように様々な機能面での工夫が施されています。

・肌に優しい工夫

赤ちゃんや子供が肌の上に直接着るものは、タグを付けない、縫い目をなくすなどの工夫がされています。

・夏を涼しく過ごす工夫

夏物は速乾性のある商品が多く、汗をかいてもすぐ乾きます。下着なしで着てもベタつかないので、汗っかきな赤ちゃんや子供がさらっと1枚で快適に着られるようになっています。
また、夏物のウェアや帽子の多くにuvプロテクションが採用されていて、紫外線による肌のダメージも防いでくれます。

・冬を暖かく過ごす工夫

冬物は、パタゴニアの代名詞とも言える「シンチラ素材」を使ったウェアや、リアルダウンや防風素材を使ったジャケットなど、防寒対策バッチリの製品が目白押しです。
真冬や雪の日でも快適に外遊びができるよう、バッチリサポートしてくれます。

・すぐ乾く工夫

速乾性が高い商品が多いのもパタゴニアの特徴。
外遊びや食べこぼしなどで汚れてしまっても、洗濯して外に干しておけば、晴れの日なら2時間くらいで乾いてしまいます。
洗い替えが少なくて済むので嬉しいです。

・濡れにくい工夫

撥水性が高いジャケットを買えば、小雨の日の雨ガッパ代わりにすることもできます。
飲み物やよだれをこぼしてもびっしょりと濡れることがないのも、小さな子供のウェアとして魅力的なポイントです。

・かさばらない工夫

ジャケットなどの羽織ものの中には、本体をポケットに収納できるものもあります。
羽織ものは外が肌寒い時に重宝しますが、暑い室内に入った時には脱ぐことも多く、荷物になってしまうのが難点。
ポケットに収納できるジャケットを選べば、そんな羽織もののストレスを解消することができます。

理由2:他と差をつけるおしゃれなデザイン

シンプルなデザインから柄物の目を惹くデザインまで、パタゴニアの製品はデザインの幅が広いのも魅力です。
いわゆるアウトドアブランドっぽいデザインが苦手な方でも抵抗なく使えるデザインもあります。
逆に、少しお兄ちゃん・お姉ちゃんになったらアウトドアブランドっぽいデザインを選んでもカッコいいですよ。

理由3:プレゼントにぴったりな価格帯

パタゴニアベビー・キッズは、有名デパートに入っている、いわゆる「高級子供服ブランド」と同じくらいの価格帯です。
そのため、出産祝いをはじめとして、赤ちゃんや子供へのプレゼントにもぴったりです。
他の人のプレゼントと被る確率も低いうえ、機能面で言えば高級子供服ブランドより優れているので、他と差をつけた実用的で素敵なプレゼントになります。

パタゴニアのベビー・キッズグッズ、おすすめ6選!

   出典:patagonia公式

パタゴニアベビー・キッズのおすすめ商品を6つ選んでみました。
筆者は自身の子供に6つ全て購入した経験があり、どれもたいへん重宝しました!
実際に使用した感想も載せていますので、ぜひ参考になさって下さいね。

1.ベビー・シンチラ・ベスト

出典:楽天

 パタゴニアの代名詞でもあるシンチラを表裏の両面に使った暖かなベスト。
ベストタイプで脱ぎ着しやすく、ジャケットの下にも着やすいです。
スタンド襟の前部分だけが低くなっていて、暖かさを損なわず、着たままでも飲食しやすくなっているのがポイント。
その他にも背中側が長い・ジッパー部分に裏生地がついているなど、暖かさを損なわないよう細部まで工夫が施されています。
筆者は子供に0〜5才の現在まで、毎冬新調しています。
袖がないので動きやすいですし手を洗うときにも邪魔にならないので、子供もお気に入りです。

→→→楽天で ベビー・シンチラ・ベストを見る←←←

2.ベビー・リバーシブル・ダウン・セーター・フーディ

出典:楽天

 無地とおしゃれな柄のプリントを組み合わせたリバーシブルで着れるダウンジャケット。
600フィルパワーのダックダウンが入っていて、袖口とフードが体にぴったりフィットするのでとても暖かいです。
軽量なので、子供の動きを邪魔せず、思いっきり体を動かして遊べるのも嬉しいポイントです。
パタゴニアにはもっとダウンの量が多いジャケットもあって、筆者は両方買ったことがありますが、おすすめはこちらです。
ダウンの量が程よいので動きやすいですし、雪国でもない限りは暖かさも充分です。

→→→楽天で ベビー・リバーシブル・ダウン・セーター・フーディを見る←←←

3.ベビー・バギーズ・ジャケット

出典:楽天

 耐水性・耐風性・速乾性を備えたジャケット。
汚れにくいうえ、速乾性があるので汚れても洗濯すれば数時間後には乾いてまた着ることができ、洗い替えがいりません。
水を弾くので小雨くらいなら雨ガッパ代わりにもなります。
ポケットに本体全てを収納できるので荷物にならないのも嬉しいポイント。
こちらも筆者は子供が1歳の時から5歳になった今まで、何着も買っています。
1着買えば1年を通して使えるのでとても重宝しています。
ぜひ1着は持っておきたいおすすめ羽織ものです!

→→→楽天で ベビー・バギーズ・ジャケットを見る←←←

→→→Amazonで ベビー・バギーズ・ジャケットを見る←←←

詳しくはこちら↓   ↓   ↓

パタゴニア・ベビー・バギーズ・ジャケットのおすすめポイントは?

4.ベビー・バギーズ・ショーツ

出典:楽天

 水陸両用のパンツ。
耐水・撥水性を備えているので普段使いはもちろん、水着としても使えるお得な商品。
プールや海は夏に数回行くだけだから、わざわざ水着を買うのはもったいない…というときにもおすすめ。
筆者の子供も、3歳くらいまでは本格的なスイムウェアでなくこのショーツをプールや海で使っていました!
おむつの上からでもフィットする形なので、ファーストスイムウェアにもいいかもしれませんね。

→→→楽天で ベビー・バギーズ・ショーツを見る←←←

→→→Amazonで ベビー・バギーズ・ショーツを見る←←←

5.ベビー・サン・バケツ・ハット

出典:楽天

 無地とプリントを組み合わせたリバーシブルで使える帽子。
耐風性・耐水性・速乾性ありで、汚れに強く、汚れて洗っても数時間後には乾きます。
uvプロテクションありで、赤ちゃんや子供の弱い肌を紫外線から守ってくれます。
内側には収納ポケットがあるので、室内などで脱いだ際にもコンパクトに持ち運べます。
デザインも男女問わず、小さな子供が被るととても可愛いですよ!
筆者の子供も、これを被っていると褒められることがよくありました。

→→→楽天で ベビー・サン・バケツ・ハットを見る←←←

→→→Amazonで ベビー・サン・バケツ・ハットを見る←←←

 

6.ベビー・パフ・ミット

出典:楽天

 防風性・耐水性のある表地とフリースの裏地でできた手袋。
表地と裏地の間にはインサーレーションが入っていてとても暖かいです。
手の甲のマジックテープを大きく開けてスムーズに着脱できるのが嬉しいポイントです。
小さな子供に手袋を着けるのはなかなか難しいもの。このミットのお陰で筆者はイライラせずに子供との冬のお出かけに行くことができました。

→→→楽天で ベビー・パフ・ミットを見る←←←

→→→Amazonで ベビー・パフ・ミットを見る←←←

 

関連記事はこちら↓   ↓   ↓

パタゴニア・ベビー・バギーズ・ジャケットのおすすめポイントは?