mamakao!(ママカオ!)

ママやプレママのサンダル!選び方とおすすめ商品を妊娠・子育て経験者が紹介!

calendar

reload

ママやプレママのサンダル!選び方とおすすめ商品を妊娠・子育て経験者が紹介!

夏のママ・プレママ(妊婦さん)の足元はサンダルで涼しく!

普段は歩きやすさを考えてスニーカーなどを履いてるママや妊娠中のプレママも、夏はサンダルを履いて涼しくお出かけしたいですよね。
サンダルは選び方に気をつければ、ママもプレママ(妊婦さん)も履いて大丈夫なアイテムです。

筆者も妊娠・出産・子育て経験がありますが、妊娠中も子育て中も夏場はサンダルを履いていました。
また、妊娠中に行った産婦人科でサンダルを履いているプレママをたくさん見ましたし、子供が生まれてから行くようになった公園・子育て広場・幼稚園のお迎えなどでもみなさん当たり前に履いていましたよ。

そこで今回は、ママやプレママがサンダルを選ぶときのポイントと、ママやプレママにおすすめのサンダルについてまとめてみました。
筆者が妊娠中や子育て中に履いていたものや、周りのママやプレママが履いているのをよく見たなというものも紹介しますので、参考にして下さいね。

ママやプレママ(妊婦さん)がサンダルを選ぶポイント!

ストラップが簡単に留められる

ベルトの穴に通してストラップを留めるようなサンダルを選ぶのはおすすめできません。
このようなタイプだと、赤ちゃんを抱っこしたまま脱ぎ履きするのが難しいですし、玄関でもたつくうちに子供が愚図りだしてしまうかもしれません。
また、プレママについても、妊娠中でお腹が大きいと屈んで時間をかけてストラップを留めるのは一苦労なので、おすすめできません。
ママやプレママのサンダルは、ストラップが簡単に留められるものを選びましょう。

かかとが固定できるもの

妊娠中や赤ちゃんを抱っこしている時にサンダルが脱げて、転んでしまっては大変です。
また、子供が自分で歩きだすようになったら、ママもその動きに合わせて歩き回ったり、場合によっては走らなければいけないことも。
かかとがストラップなどで固定できて、脱げにくいものだと安心です。

歩きやすいヒールの高さ

ママやプレママの靴は基本的にはヒールのないぺったんこのものが安心です。
ただ、ママやプレママの中には、ぺったんこは履き慣れていないから歩きにくく疲れてしまうと感じる人もいるそうです。
そのような人は、5センチ以下の低めのヒールを選んでも構いません
ただし、ヒールの先が細いものは、地面の溝にはまって転倒する危険性があるので、ウェッジソールなどがおすすめです。

ストラップに伸縮性があるもの

妊娠中や産後ににむくみを感じるひとは多いものです。
あまりにも細いストラップは避け、柔らかな素材のものを選ぶと安心です。

洗えるもの

子供と公園に行く時にサンダルを履きたい場合には、洗える素材のものを選びましょう。
サンダルの汚れが気になって思う存分子供と遊べないということがないようにしたいですね。

ママやプレママ(妊婦さん)におすすめの人気サンダル!

上でご紹介したポイントを踏まえて、ママやプレママにおすすめのサンダルをまとめました。
筆者自身や周りのママ・プレママがよく履いているものばかりなので、参考にして下さいね。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)Milano(ミラノ)

ここ数年、幅広い年代で人気を博しているビルケンシュトックのサンダル。
ミラノはかかとにストラップがついているので脱げる心配がなく、子供を追いかけて走ることができます。
パパとお子さんとビルケンシュトックのお揃いコーデができるのも素敵ですね。
私も履いていましたが、足に馴染んでしまえばとても履きやすく、赤ちゃんを抱っこして歩いても疲れにくくおすすめです。
Birko-Florモデルと天然皮革モデルがありますが、ママが履くなら汚れても手入れがしやすいBirko-Florモデルが良いでしょう。

サイズ 22.5〜30
素材 アッパー:Birko-Flor
中敷:ベロアレザー
アウターソール:EVA
原産国 ドイツ
備考 3ストラップ共にバックルで調節可能
参考価格 9,072円(税込)

→→→楽天で ビルケンシュトックのミラノをみる←←←

→→→Amazonで ビルケンシュトックのミラノをみる←←←

 

KEEN(キーン)NEW PORT H2(ニューポートH2)

ソールの上にオリジナルのガードが付いた、足全体を包み込むタイプのサンダル。
ホールド性バッチリで、スニーカーのように履くことができます。
ニューポートH2は水を吸収しにくい素材でできているので、お子さんとの水遊びなどでも大活躍しますよ。
スポーティな服装にキーンのサンダルを履いているママを公園でよく見かけます。
子供と遊ぶことを第一に考えている感じかして、好感を持てますよ。

サイズ 22〜28
素材 アッパー:ポリエステル
アウターソール:ラバー
参考価格 14,040円(税込)

→→→楽天で キーンのニューポートH2をみる←←←

→→→Amazonで キーンのニューポートH2をみる←←←

 

ARCOPEDICO(アルコペディコ) SANTANA(サンタナ)

靴底への圧力を分散する構造のサンダル。
体重がかかっても負担を軽減してくれるので、体重が増える妊婦さんや、お子さんを抱っこするママにもおすすめ。
サンタナのストラップは伸縮性のある素材なので、脱ぎ履きしやすくむくみを気にせず履くこともできます。
今年の夏に筆者が狙っているサンダル。綺麗目な服装にも合わせやすそうですよね。

サイズ 22.5〜27
素材 アッパー:ナイロン
アウトソール:ポリウレタン
インソール:豚革+コルク
生産国 ポルトガル
ヒール 約3センチ
参考価格 7,884円(税込)

→→→楽天で アルコペディコのサンタナをみる←←←

→→→Amazonで アルコペディコのサンタナをみる←←←

 

Regatta Canoe(リゲッタカヌー) サンダル ローウェッジ

グミのような弾力のあるインソールで、足が痛くなりにくいサンダル。
ヒールは5センチありますが、ウェッジタイプなので、安定性が高くママやプレママにもおすすめ。
ストラップがマジックテープで調節できるので、むくみも気にせず履くことができます
仲良しのママ友が愛用しています。コロンとしたソールが個性的で、ナチュラルテイストの服装と合わせているととても素敵です。

サイズ 22.0〜25.5
素材 合成皮革、ポリエステル、合成底(ポリウレタン)
生産国 日本
ヒール 約5センチ
備考 前後ストラップ共にマジックテープで調節可能
参考価格 6,989円(税別)

 

→→→楽天で リゲッタカヌーのローウェッジサンダルをみる←←←

→→→Amazonで リゲッタカヌーのローウェッジサンダルをみる←←←

リゲッタカヌーのレディースサンダル/特徴とママや妊婦さんにおすすめの7選!

Crocs(クロックス) イザベラサンダル

キャンディのようなキュートなデザインのサンダル。
クロックス独自のクロスライトソールはクッション性があり、疲れにくいです。
ストラップも柔らかく脱ぎ履きしやすいですよ。
汚れたら簡単に水洗いできるので、公園遊びにもぴったりです。
比較的リーズナブルなので、幼稚園のお迎えで履いているママをよく見ます。夏らしく爽やかな印象の素敵なサンダルです。

サイズ 21.0〜25.0
素材 甲:TPU、底:合成樹脂
備考 前後ストラップ共にマジックテープで調節可能
参考価格 2,980円(税込)

→→→楽天で クロックスのイザベラサンダルをみる←←←

→→→Amazonで クロックスのイザベラサンダルをみる←←←

 

神戸レタス (KOBE LETTUCE)ウェッジソール クロスゴムベルト

出典:楽天

通販サイトで人気ウェッジソールサンダル。
カジュアルから綺麗目までどんな服装にも合わせやすいです。
ストラップがゴム製で伸縮性が高いので、脱ぎ履きしやすく、むくみも気になりません。
値段もリーズナブルなので、ママやプレママの時期だけ履きたいと言う方にもぴったりです。
ゴムベルトのウェッジサンダルを私は毎夏新調しています。どんな服装にも合わせやすく、はき心地も抜群なので一足持っておくと大活躍しますよ。

サイズ 22.5〜24.5
素材 合成皮革
ヒール 7センチ
参考価格 1,880円(税別)

→→→楽天で 神戸レタスのウェッジソール クロスゴムベルトをみる←←←

テバ(Teva) ハリケーンXLT2

出典:楽天

最近流行りのスポーツサンダル。
3点をホールドするストラップは足に合わせて調節可能
むくみやすい妊婦さんにも嬉しいですね。
インソールはふかふかなので、体重が増える妊婦さんはもちろん、赤ちゃんを抱っこしたり大きなマザーズバッグを持ったりと足に負担がかかりやすいママにもぴったりです。
靴底には起毛加工が施されているので、普段使いはもちろん、川遊びなどお子さんとのアウトドアシーンでも活躍してくれますよ。

サイズ 22.0〜25.0
素材 アッパー:テキスタイル アウトソール:ラバー
参考価格 5,699円(税込)

→→→楽天で テバ(Teva)のハリケーンXLT2をみる←←←

→→→Amazonで テバ(Teva)のハリケーンXLT2をみる←←←